2021年6月21日月曜日

小児科プラレール 鎌田先生の想い

 

こんにちは。

研修担当の佐竹です。


先日、甲府共立診療所の小児科に行ったら

立派なプラレールが設置されていました。

これは小児科の鶴田先生と鎌田先生が

それぞれおもちゃやレールを持ち寄り、

足りない部品は買い足しながら完成させたものです。

なんと7段仕様!

外来の待ち時間、少しでも退屈しないように作ったそうです。


設置台も職員が寄付したベビーベッドで

アクリル板は鎌田先生お手製のものです。





小児科専攻医 鎌田康弘医師

第2段も検討中とのことです!



また、6月21日に発行された

民医連新聞にも『診察室から』という医師のエッセイで

鎌田先生の記事が掲載されていましたので

ここに転記します。

以下、原文ママ

-------------------------------------------------------------

堪え難きを堪え、忍び難きを忍び…


私は山梨県で小児科医として勤務しています。

唐突に紹介した見出しの文言は、1945年8月15日正午、

昭和天皇による終戦の詔書、いわゆる「玉音放送」の一節です。


これは先日、外勤先で、あるベテラン小児科医が外来中につぶやいた一言でした。

県内の新型コロナウイルス感染対策の最前線にいる彼は、

世間では第4波が猛威を振るい始める中、

外来中に続々と県内の新規感染者が報告されるたびに、

外来をいったんストップしては保健所や感染対策室と連絡をとりながら

患者の振り分け業務に追われていました。

「無意識にふと思いついたせりふなんだよ」と、

彼はヘトヘトな顔で笑いながら私に伝えてくれました。

玉音放送の内容の是非はひとまず置いておくとして、

コロナ禍における社会情勢は、

ある意味でまさに戦時下と呼べる状況です。

ほとんどの医療従事者は、まさか自分がこのような形でひっ迫した

医療情勢のたたかいに身を投じることになろうとは夢にも思わなかったことでしょう。


私たちの小児科外来では、

コロナ流行後に以前にも増して目立つのが、

起立性調節障害(OD)など自律神経トラブルの受診です。

頭痛、めまい、嘔(おう)気(き)、腹痛、動悸、全身倦怠感などの症状から、

朝起きられない、不登校、昼夜逆転などで

生活リズムがガタガタに崩れた子どもが多く受診してきます。


コロナ休校明けから登校したものの、学校生活になじめず、

それでも無理して登校し続けた結果、校内で倒れてしまった児もいました。

中には「学校に行きたくない」とはっきりと公言してくれる児も。

背景には、周囲の環境変化や友人関係、家族関係からの家庭内トラブル、

もともとの発達特性から来るものなど、

さまざまな理由から心理的・社会的なストレスを負って発症するケースが多いのです。

「子どもたちの生活に、ただならぬ異変が起きている」と率直に感じられる日々の外来です。

みんな、自分らしくのびのびと育ってほしい。

耐え難かったら、耐えなくていいんだよ。

忍び難かったら、泣いていいんだよ。

つらくなったら、またいつでもおいでよ。

ぼくでよかったら、話をきくよ。

いまだ出口が見えないトンネルの中で、子どもたちにとって、

うっすらと灯る光のひとつでありたいと願う、

不肖な一小児科医のつぶやきでした。

(鎌田康弘、山梨・甲府共立病院)

-------------------------------------------------------------

お忙しい中、寄稿いただきありがとうございました。

2021年6月15日火曜日

困ったら巨摩へ

 お久しぶりです。総合診療科専攻医1年目のぱやしです。

タイトルから滑り倒して調子悪いのか?って思いますよね。ちなみに絶好調です😎😎


そろそろブログをかかないと後期研修担当の井口さんにぶーぶー言われるし、ついにこないだ某科のT先生に「林君そろそろブログを」と言われてしまったので書こうと思います!


僕は現在総合診療Ⅰの研修のため巨摩共立病院にきています。

巨摩共立病院の紹介をしておくと病床数が151床で急性期から回復期、療養病床まである地域の中核病院です。





とこんな感じに頑張っています。

車内でパソコンを見てると気持ち悪くなるので今度から吐き気止めにプリンペラン持参しようと思います☺


研修医から専攻医になって忙しくなってきましたが充実した医師ライフを送れていると思います。

研修医の時に緩和ケアに興味がでて巨摩にきてから緩和ケアに携わる事が多くなりとても楽しいです。


最後に最近の僕の悩みはLDLが130まで上がってきてることです。

患者さんに食生活の改善を指導している場合じゃないなと思ってきました。。。

みなさんも週3回のラーメンにはぜひ気を付けてくださいね!


次回のブログのバトンはそうだなー。同期の久保田先生お願いします!笑


関連記事 がんばれ研修医!!:巨摩にて研修中

関連記事 がんばれ研修医!!:南プス 巨摩共立病院 研修スタート 目の前に広がるのは・・・

健康診断 医局採血担当

こんにちは。

研修担当の佐竹です。


毎年、職員の健康診断で医局の採血を

研修医が依頼されることもあり

今回、小児科指導医の鶴田先生が自ら研修医に依頼をして

採血をされていました。

鶴田先生、八廣先生



採血前に簡単なレクチャーもありました

外科 杉田先生 黄金の左手に。 褒められてました!!!

そういえば昨年、副院長には

窪田先生、中土居先生が挑戦されてましたね。

今年は誰が挑戦するのでしょうか・・・。


他の指導医の先生方におかれましても、

ぜひ研修医に採血を依頼してください。

よろしくお願い致します。


昨年記事:がんばれ1年目!



総診プログラムPR動画を作りました!

こんにちわ、研修担当の井口です。

この度、甲府共立病院の総診PG(※)のPR動画を公開しました!

※正式名称:甲府共立病院群総合診療専門研修プログラム


記念すべき(?)、後期研修関連動画第一弾はこちら。


Youtubeリンク:https://youtu.be/zYna0z0U2Ys


Part1~3まで投稿予定ですので、気になる方はぜひチャンネル登録を。(ダイマ)

また動画を公開したらブログでも告知しますので、ぜひチェックしてください!(ダイマ2nd)


◆甲府共立病院 初期研修医採用試験の情報はこちら

http://www.yamanashi-min.jp/position/doctor/first/treatment.html

◆お問い合わせはこちら

https://ymin.sakura.ne.jp/mail/entry08/

◆医学生向けtwitter

https://twitter.com/yamamin_d


2021年6月14日月曜日

地域連携だより

こんにちは。

研修担当の佐竹です。


甲府共立病院の患者サポートセンターが発行する

地域連携だよりの表紙を研修医が飾りました!

2021年6月号

地域連携だよりは年3回を目安に発行され

山梨県内の病院・開業医・地域包括・訪問看護ステーションなど、

連携を図るためにさまざまな事業所に送付されます。


2020年11月号

甲府共立病院1Fの入り口にも置いてあります。
今回は研修医の自己紹介も載っていますので
機会がありましたらぜひ見てください!

患者サポートセンター:http://www.yamanashi-min.jp/kofukyouritsu/medical-care/ksapo.html

関連記事:救急科の一枚


2021年6月12日土曜日

萩野先生カンファレンス(リウマチ膠原病カンファレンス)

こんにちは。

研修担当の佐竹です。


昨日6/11(金)は萩野先生カンファレンスでした。


このカンファレンスは約3ヶ月に1回行われる、

帝京大学ちば総合医療センター 血液・リウマチ内科

萩野昇先生による、リウマチ膠原病カンファレンスです。



今回、プレゼンターは1年目研修医の齋藤先生。

『診断に苦慮した発熱・咽頭痛を訴える若年女性の一例』について

症例プレゼンをして適宜アドバイスを頂いておりました。


次回は9月を予定していますので

多職種の方含めて、ぜひ参加をお願い致します。


萩野先生、今後ともよろしくお願い致します!!!


関連記事:萩野医師レクチャーリウマチセミナー遠征

2021年6月5日土曜日

新村先生 御坂へ  総診より記念品贈呈!!!

こんにちは。

研修担当の佐竹です。

小西院長、新村先生

甲府共立診療所 所長 初期研修の指導医でもある新村先生が

6月1日付けで御坂共立診療所へ異動になりました。

http://www.yamanashi-min.jp/kinikyou/medical/sinryoujyo/misaka.html


これまで甲府共立病院で

たくさんの研修医のご指導をしてくださり

本当にありがとうございました。


新村先生あいさつ


そして、八廣先生よりコメントもらってますので
併せて載せます!!!

-------------------------------------------------
お久しぶりです。研修医1年目の八廣です。
現在総合診療内科2か月目に突入し、
退院されていく受け持ち患者様も出てきています。

退院は嬉しい気持ちが大半ですが、
毎日お会いしていたのでちょっぴり寂しい気持ちにもなりますね。

神経内科・総合診療内科の医師で
若手育成にも尽力していただいていた新村先生が、
6/1付で御坂診療所へ異動となりました。

新村先生は喉を傷めやすいとのことで、
記念品として加湿器をプレゼントしました。

加湿器をプレゼント。熱い握手を交わしました。

プレゼントを手渡した瀧瀬先生の目元には・・・
熱い握手に男同士の信頼関係を感じました。
外来ブースにぜひ設置していただいて、
喉をいたわりつつ僕らのことを思い出してほしいなと思います。

研修医1年目は2か月と
短い期間しか新村先生とご一緒できませんでしたが、
僕も日々のカンファレンスや神経内科領域の患者様を受け持っているときに大変お世話になりました。
頼れる総合診療内科のお父さんがいなくなってしまって寂しさや不安もありますが、
御坂診療所は地域医療の研修で選択できるそうなので
研修医2年目になったらまたお世話になるかもしれません。

初期研修はまだまだ始まったばかり!デキレジ目指して頑張ります!
-------------------------------------------------


なお、御坂共立診療所では今年度10~11月に
地元出身の中土居祐太医師が研修予定です。
2016年の古田先生以来の研修ですね。
とても楽しみです。

新村先生、御坂診のみなさま
中土居先生をどうぞよろしくお願い致します。
甲府とは異なる御坂の地域性をしっかりと学んできていただきたいです。

研修の様子はきっとブログに投稿してくれるはずです!



2021年6月2日水曜日

CVC練習!

こんにちは。研修担当の佐竹です。


先日のCVCレクチャーの振り返りを

1年目研修医がしていました。

CVCシミュレーターの不調でエコーがうつらず

研修医自身の内頸静脈をエコーで確認してました。

※穿刺はしてません。


途中、窪田先生も様子を見に来てくれて

アドバイスをしてくれました。





練習の成果が出るといいですね!
齋藤先生は先日CVC成功したみたいです!!!


八廣先生は明日、初めての医局カンファです。

資料作成大変そうですが、うまくいくといいですね。


ファイトー!


昨年記事 がんばれ窪田先生!!! CVCシミュレーター

https://kennsyuu-ymin.blogspot.com/2020/06/cvc.html



2021年5月20日木曜日

CVCレクチャー

 こんにちは。研修医2年目の畑と申します。


GWも明け、いよいよ研修が本格化してきました。まずはカルテから慣れないといけないのですが、どこに何があってどう処理をすればいいのかてんやわんやで色んな人に聞きながら四苦八苦しています。


さて、先日CVCのレクチャーを受けました。今までは上級医がしているのを見ていただけで、楽々やってのけてしまっていたので自分でも楽にできるのかなぁ~?って考えていたのですが・・・


実に甘かったです・・・まさかエコーをあてながら穿刺するのがこんなに難しいとは・・・

甲府共立病院ではCVCをやる機会が多いとのことで練習をして実践に臨みたいですね。








2021年5月10日月曜日

腹部エコーレクチャー ときどき脂肪肝?

こんにちは。

研修担当の佐竹です。


先日、2年目の畑医師の腹部エコーレクチャーで

被験者をやりました。

機器が違うので多少の戸惑いは見られたものの

各臓器を映す的確さはさすが2年目という感じでした。

畑医師 今回も新津さんに指導してもらいました

心エコーに引き続き

ときどき脂肪肝?と言われてしまいました。うーん。。。


そして樋山先生から誕生日プレゼント


もらったその日の夜、いただきました。

とてもおいしかったです!



1年目の腹部エコーも6月からスタート予定です。

https://kennsyuu-ymin.blogspot.com/2020/06/blog-post.html