2020年2月17日月曜日

医学生実習の受け入れ会議(医学生委員会)の様子

こんにちは。甲府共立病院で医学生の担当をしている米長です。

さて、甲府甲府病院では病院内に医学生委員会というものがあります。
会議では高校生の一日医師体験や、医学生の実習などの検討や報告が行われます。
委員は研修医や多職種で構成されており、研修医は年間を通して1から2ヶ月で入れ替わります。

今年は会議の中でミニ学習をシリーズで開催。
今回は2月8日(土)に行われた第34回研修医発表会で発表された谷本医師の「菊池病との鑑別に苦慮した成人Still病の一例」が報告されました。

 



研修医が臨床でどのように学び、患者さんと向き合っているかを知る機会になっています。また多職種の委員からは医師への要望も含めた学習も深めています。

看護師による「総合診療病棟の事例紹介」
リハスタッフによる「甲府共立病院の小児リハ医療の現状」「摂食嚥下機能療法」についてなどの発表も行われ、

当院の特徴である、チーム医療や多職種の中で育つ医師研修を垣間見る機会になっています。

2020年2月13日木曜日

くまさんロールプレイ

こんにちわ、研修担当事務のイノクチです。

1年目初期研修医の谷本Drは今月から2ヶ月小児科研修。
小児科の外来診療に入る前に、ブログの人気コンテンツ(?)・恒例のロールプレイを実施しました。


やや表情が固い谷本Dr
まずは指導医・鶴田Drからオリエンテーション。

状況を飲み込んだところで、いざスタート。

「今日はどうされましたか?」


「心音は…」
「リンパ節は…」

「お口を…」

早くも訪れた春の陽気のせいか、じんわりと汗を浮かべつつ丁寧に診察していきます。

「今日はお風呂に入っても大丈夫。念のために明日も受診してくださいね」。

お母さんの色んな質問に答えながら、最後にはしっかり安心してもらった谷本Dr。
鶴田Drに追加指導を受けて、無事ロールプレイ終了です。

明日から外来での活躍、楽しみにしていますね。


======================
最近のロールプレイ

2020年2月12日水曜日

小児科研修 薬の味見

こんばんは 研修医1年目のくまです。

今月から小児科で研修をさせてもらっています。
研修の一環で患者さんが実際に飲んでいる薬剤の味見をしました。

小児の感冒によく処方されるオノンやホクナリン、カルボシステイン、カロナールをはじめとして、クラリスロマイシンなどの抗生剤、ステロイドなどを飲んでみました。(※ごく微量です)

全体として「苦い味をごまかすために甘くしようとしてるけど苦さを隠しきれていない」という印象が強かったです。おいしかったものとそうでなかったものを紹介すると、

カルボシステインはフルーツラムネでした。おいしかったです。感動しました。
プレドニンは苦い片栗粉でした。おいしくなかったです。口をゆすぎました。

大人だと錠剤やカプセルが多く薬剤の味を気にしたことはあまりなかったので、今回は良い経験になりました。
必要な薬は飲んでもらう必要がありますが、薬を飲む大変さも考える必要がありそうだと感じた研修でした。

2020年2月9日日曜日

OSCE大会に参加しました!!

こんにちは。小児科の鶴田です。

2月1日土曜日に山梨大学で1年目研修医たちのOSCE大会が開催されました。
私も評価者として参加してきたので、その様子を紹介したいと思います。

まず、OSCE(オスキー)とはObjective Structured Clinical Examination;客観的臨床能力試験のことで、簡単に言うと実技試験です。県内各地の臨床研修病院に散らばっている研修医たちを集めて、それぞれの1年間の研修を評価しようという取り組みです。
今回は研修医の人数が多かったそうで、山梨の地名にちなんだ荒川、笛吹、釜無という3つのグループわかれ、それぞれのグループ毎に医療面接とスキルステーションが設けられ、試験を行っていきました。

医療面接はシナリオが4種類あり、私はそのうちの1つのシナリオを担当しました。
どこのブースも、医師、2年目研修医、看護師と3人で評価にあたりました。


山中先生が面接をしているところ。左側に模擬患者さんがいます。


樋山先生が面接しています。

スキルステーションの様子。林先生と谷本先生が縫合をしています。


休憩時間の一コマ。私の隣では二年目研修医の矢嶋先生がお手伝いに入っていました。

お昼休みの一コマ。看護師さんたちと一緒にお弁当を食べました。


研修医の先生たちも1日がかりで疲れたでしょうが、評価する方も準備する方も大変ですね。改めて教育にはリソースが必要と痛感しました。

また模擬患者役として参加していただいたSPの会の皆さんも、何度も同じ演技を行いつつ、研修医の評価もしていただいて本当にありがとうございました。



2020年1月23日木曜日

漢方勉強会に参加しました

研修医1年目の山中です。
新年度が迫り、自分はこの一年でいかばかり成長したのかといぶかしく思う今日この頃です。総診研修も折り返しを過ぎ、年も改まったっところで身を引き締めて頑張ります!


1/18に山梨大学で行われた研修医の勉強会に参加しました!

今回のテーマは「明日から使える漢方所見」だったかな?違うかもですが、そんな感じです(笑)

漢方で重要な脈診と腹診の基礎を学び、処方を考えるという実技メインの実践的な勉強会でした。模擬患者さんや製薬会社の社員さんのお腹をお借りして、漢方的な腹部所見を実際に取らせていただきました。

こうした学習会で肉体に現れる実際の所見に参加者が触れるという内容はいままであまり無かったようで、新しい試みだそうです。
講師の先生方は非常に熱心に所見の解説をしていただき、初学者にもわかりやすい内容だったのではと思います。非常に勉強になりました。
臨床教育センター長の板倉先生

学生時代に漢方を少し囓っていたご縁で、なぜか私も講師での参加でした(^_^;
私の漢方の知識は非常に浅く、将棋で言えば駒の名前を知っている程度のレベル。何でおまえが講師なんだ?、と何人もの知り合いに聞かれました(笑)。案の定、講師らしいことは何一つ出来ませんでした。
実を言えば出来れば一般参加したかったなぁ~とも思いますが、講師の先生方の深い知識に間近で触れる機会を得たのは、非常にありがたいことだったと思います。
鶴田先生ありがとうございました!
当院で漢方外来を開設した鶴田先生。事前に、研修の合間に外来で指導いただきました。

研修医として臨床の世界に足を踏み入れ、いろんな人のお腹を診察するようになって感じるのは、人によって堅さも、感触も、暖かさも全然違うということです。西洋医学ではあまり意識されないことが多いそういった所見に名前をつけて評価できるのが漢方かなぁと、浅学ながら思っております。まだ全然評価できてませんけど…

講師陣、模擬患者さんと参加者の一部で集合写真
実際の参加者は20人以上いたようです

もう少し漢方の勉強したいなと、改めて思いました。
次開催されたらぜひ一般参加を狙いたいと思います!

関連記事 がんばれ研修医!!:研修医発表会終わりました!

2020年1月9日木曜日

年末年始の「ありがとう」「ようこそ」

こんにちわ、昨年11月から研修担当にクラスチェンジした井口です。

甲府共立病院・医局は、年末年始に別れと出会いがありました。


10月から当院で外科研修していた、虎の門病院の安藤有里恵Drが12月末で帰任されました。
外科チームを中心に大いに刺激を与えていただき、病院としても本当に良い経験をさせていただきました。

ありがとうございました!

外科送別会にて


そして、新年明けてから迎えたのは、安藤Drの同期…。



虎の門病院の外科専攻医・藤澤顕徳Drです!
趣味は「旅行」とのこと。

3月末まで当院で外科研修を行う予定なので、
研修はもちろん、ぜひ甲府・山梨を楽しんでもらいたいですね。


最後になりますが、
みなさま、本年もよろしくお願いいたします m(_ _)m

関連記事 がんばれ研修医!!:ようこそ and おかえりなさい

2019年12月25日水曜日

エコーセミナー


こんにちは。研修医2年目の菊地です。
今日はクリスマスですね🎄患者さんの昼食にもケーキが出たようです🍰

だいぶ前のことになってしまいましたが…
11月2日にエコーセミナーが開催されました!
講師は、山梨市立牧丘病院で在宅医療を献身的にされている古屋先生です✨
そんな先生が、私たち研修医にエコーの素晴らしさをたくさん教えて下さいました。


当院の1年目研修医は、どの科をまわっていたとしても週に1回腹部エコーの単位があるので、超基本的なエコーはやり慣れていますが、今回のセミナーでは気胸や骨折の見方など、当直で活かせそうなことを色々教えていただきました!



エコーは、レントゲンなどと違って放射線を使わないので患者さん全員に安心して使えます。エコーさえあれば特に面倒な準備もいらないので、使いこなせればとても便利なツールなのです。
私も古屋先生のように使いこなせるようになりたい…!
今回教えて頂いたことを復習して当直などで活かしてみたいと思います。
ではみなさん、よいお年をお迎えください♪



関連記事 がんばれ研修医!!:お腹の響きをつかむ。エコー研修スタート

研修医発表会のお知らせ

こんばんは。小児科の鶴田です。

毎年行われている研修医発表会ですが、今年度は2020年2月8日(土)に開催が決まりました。
記念講演は北海道の勤医協中央病院院長 鈴木隆司先生に災害医療についてご講演いただきます。



研修医たちはここのところ抄録締め切りが迫っているので必至に作業をしています。

皆様どうぞご参加ください。

2019年11月30日土曜日

病棟学習会開催しました

こんにちは。小児科の鶴田です。
昨日小児科研修中の久保田先生に川崎病の学習会を開催してもらいました。



開催場所は病棟の小児用デイルームです。椅子が小さいですね。
絵本も沢山あります。


特徴的な身体所見や、新しくなった診断の手引きについて解説してもらいました。





後半は、山梨川崎病プロトコールについて解説。γグロブリンの使用方法やインフリキシマブの適応、チェック項目などを解説してもらいました。

スタッフからの質問も沢山ありちょっと時間がオーバーしましたが、双方にとって有意義な学習会だったのではないかと思います。

これからもがんばりましょう。


2019年11月20日水曜日

こんなに一度に多種類の薬を飲んだの初めてでした

こんにちは、KKです!

私は今小児科研修中なのですが、子どもって薬の味が嫌で薬を飲みたがらないことって多々ありますよね。
普段私たちが処方している薬がどんな味なのか、味見をしてきました。


その数20種類(私が味見した薬のリスクと評価が以下です。拙筆で恥ずかしいですが)。


短時間で20種類の薬を味見したためか、味見が終わる頃には私の脳の満腹中枢は完全に刺激し尽くされ、「もうお腹いっぱい。ご馳走さまでした」状態でした。
(ちなみに言わずもがなですが、味見する薬剤量がごく少量です)

今月&来月、子どもの気持ちが分かる診療をやっていきたいです!
頑張ります!

関連記事 がんばれ研修医!!:小児科研修①
関連記事 がんばれ研修医!!:恒例のお薬試飲会!