2019年10月20日日曜日

泣き出しそうな空 ~学運交@長野~


こんにちは!
研修医の山中です。
いつも他の研修医に投稿してもらってばかりで、久々の投稿になってしまいました。
前回は超大作をお送りしたので、今回は短めにしなければと反省しております(笑)

大型台風がじわじわ近づきお天気が不安な中、1011日から長野市で行われた全日本民医連の学術運動交流集会に参加してきました!
全国の民医連職員が集まり、講演会やポスター発表などを通じて民医連の様々なとりくみを更に前進させる、重要な集会です。

山梨組は前日の夜からバスで長野市入りし、夜はそれぞれ食事やお酒を楽しんだようです。
残念ながら僕は少し遅れて電車で向かったため、皆さんとの食事は出来ませんでした…
まぁ、翌日の夜に山梨からの全参加者で大交流会があるようだし、そこで皆さんとお話できれば良いだろうと、若干寂しく思いながらも眠りにつきました。
翌日は記念講演とポスターセッションが予定されており、最終日には4つのテーマ別セッションに分かれてそれぞれ興味深い学習が企画されていました。

ところが、まぁ、ご存じの通り、台風の大きな被害が予想され、交通も11日夜から12日にかけてほとんどストップするという状況です。最終日の予定は全てキャンセルされ、初日もポスターセッションの発表時間を圧縮するということになってしまいました。
大交流会ももちろん中止です。2日目のホテルもキャンセルし、11日の内に山梨に帰ることになりました。ホテルの温泉も入ってなかったのに…、1滴も飲んでないし…、残念この上ないですが、仕方のないことですね。全国から参加の皆さん、無事帰れたでしょうか?本当にお疲れ様でした。

ということで前置きばかりが長くなりましたが、今回は記念講演とポスターセッションについて簡単に報告させていただこうと思います。

記念講演は、元朝日新聞の記者で国際ジャーナリストの伊藤千尋氏が講師でした。私は存じ上げなかったのですが、海外の市民運動や民主主義運動、平和運動などを幅広く取材している方だそうです。講演のタイトルは「憲法が生きる社会を目指して~これから私たちが輝けるために~」で、日本の平和憲法を軸に様々な視点からお話しいただきました。さすがジャーナリスト、話のネタが尽きずいろんなエピソードを織り交ぜながら、ときに歌い出したり聴衆を巻き込んだりと、テンポ良くお話されていました。
印象に残ったのは、「どんな良い憲法でも持っているだけでは廃る」という言葉です。コスタリカでは、憲法が広く国民に根付いており、小学生でも自分の権利のために違憲訴訟を日常的に行うそうです。日本に住んでいる私は、日本の憲法をどれだけ自分のこととしてとらえられているだろうか…、あまりの認識の違いに愕然としました。



続いてポスターセッションです。事前に聞きたい発表をピックアップしていたのですが、時間短縮の為に各会場同時スタートとなってしまい、聞けなくなってしまった。発表も多々ありました。慌ただしい中でしたが、印象に残ったのはアルコール中毒で繰り返し救急外来を受診される患者への対応をテーマとした二つの発表でした。なかなか、救急外来だけでは介入しづらい現状がどこの病院でもあるのだとわかりました。

以上報告でした。なんだかんだで長くなってしまいました…
思っていたよりも楽しめました。今度行ったときはもっとじっくり、いろんなポスター発表を見てみたいと思います。

最後に、今回台風で被災された方々に心よりお見舞い申しあげます。

2019年10月19日土曜日

健康祭りのメニュー決定!!

小児科の鶴田です。
明日午前10時から、甲府駅北口よっちゃばれ広場で、健康祭りが開催されます。

医局からは総合診療部が中心となりドクターズカフェを出店します。
メニューが決まりましたのでご覧ください。

皆様是非お越しください。













2019年10月8日火曜日

ようこそ and おかえりなさい

こんにちは。研修担当の佐竹です。

10月は専攻医受入と、医師の入職がありましたので紹介します!

まずは、ようこそ安藤先生!
虎の門病院外科より専攻医1名受け入れました。
(甲府共立病院は虎の門病院外科プログラムの関連施設となっています)


週末はフットサル、キャンプ、登山などかなりアクティブでアウトドアな先生。
10月22日の祝日は、瑞牆山アクティビティ研修にさっそく参加とのことです。

------------------------------------------------------------------------------------
アクティビティ研修 企画運営 内藤先生
https://kennsyuu-ymin.blogspot.com/2019/08/blog-post.html

瑞牆山(みずがきやま)は日本百名山にも選ばれており
山梨県北杜市にある標高2230mの山です。
きれいな渓谷、荘厳な不動滝、頂上の絶景が楽しめます!
帰りは増冨ラジウム温泉!完璧ですね!!
------------------------------------------------------------------------------------

3ヶ月という短い間ですが
自然、温泉、ワイン、ウイスキー、お酒、お酒
ぜひ山梨を堪能してください!




そして、おかえりなさい張磨先生、鎌田先生!!!
甲府共立病院の全体朝会で看護師から手厚い歓迎を受け戻ってこられました!

張磨先生は糖尿病の専門医。
教育にも非常に熱心と伺っております。
研修医・研修担当含めてご指導をよろしくお願い致します。


鎌田先生は今年度より山梨大学小児科専門プログラムで研修中。
小児科専門医を目指して日々頑張っています。
プログラムの関係で10月から半年間当院にて研修となっています。


最後に内藤先生の任命式
甲府共立病院 副院長
竜王共立診療所 所長
共立高等看護学院 学院長
半端ないっす。。。




研修担当は今月もフルパワーで頑張ります!( ̄^ ̄)ゞ
ではっ!

2019年9月25日水曜日

こんにちは赤ちゃん!

お久しぶりです!研修医の林です。現在は産婦人科をローテートしております!
目標はコウノドリの綾野剛です!ちなみにドラマは見ていないので内容は知りません!笑

産婦人科研修が始まりはや1か月が経とうとしております。
最近は経腟エコーや妊婦さんの腹部エコー、オペの助手などをやって奮闘しております!




上の写真は外科結びがわからず聞きに行ったらたくさんの先生が付きっ切りで教えてくれました。左が深澤先生 右が松上先生です。
物覚えが悪い僕にも熱心に指導してくれました!感謝です。




上の写真は患者さんへの病状説明を練習している際に描いた子宮の絵です。
左が松上先生作 右が林作です。
やはり松上先生の絵はうまいですね...それに比べて林は...

松上先生が患者役で深澤先生が親役をしてくれたんですが演技がうますぎて笑ってしまいました!
楽しい雰囲気で研修をやらせてもらっています。


赤ちゃんが生まれてくる瞬間はやはり何度見ても感動しますね!
来月も産婦人科なので元気な赤ちゃんを取り上げたいと思います。

関連記事 がんばれ研修医!!:産婦人科研修まとめ


2019年9月15日日曜日

健康まつり ドリンク試飲会


こんにちは、研修医の黄色いくまです。某有名黄色いくまに似ていると時々言われます。
初投稿です。よろしくお願いします。

先日医局にて健康まつりのドリンク試飲会が開催されました。
健康まつりは10月20日に甲府駅の広場で行われる催しもので総合診療部からもドクターズカフェを出店予定です。そのカフェでお出しする飲み物を検討する会議を行いました。
リンゴ酢のジュースやヨーグルト黒酢、はちみつレモン、チャイなどの試飲をしたのですが、若松先生推しのヨーグルト黒酢は一部から猛烈な不評を買い、ドリンクレースから脱落してしまいました。自分には比較的好みの味でしたが、人を選ぶ味なのかもしれませんね。





今年のドリンクはコーヒー、はちみつレモン、リンゴ酢ピンクグレープフルーツ、青汁ミルク、チャイ、さんぴん茶の予定です。
残念ながら上のドリンク達の写真はありませんが、とてもおいしいドリンク達に決まったと思います。当日の楽しみにしておいてください。
みなさん、10月20日はぜひ健康まつりに足を運んでみてください。





関連記事 がんばれ研修医!!:健康祭りメニュー表
関連記事 がんばれ研修医!!:健康まつり ~Doctor’s cafe So-shin 再び~

2019年9月11日水曜日

CT読影レクチャー 松田先生ありがとうございました!

はじめまして。研修担当の佐竹です。
ブログ初登場です。

まずは自己紹介
夏はビーチバレーをしているので日焼けが半端ないです。
顔も濃いので日本語うまいですねとたまに言われます。
南米系のぎりぎり日本人です。。

前置き長くなりました。

さて、先日9月5日に山梨大学に行き
放射線治療科の松田正樹先生にCT読影のレクチャーをして頂きました!
研修医を対象としたテーマ別レクチャーのひとつです



レクチャーの様子

事務職なので知識が無く細かい部分はわかりませんが
CT画像を見て何かおかしいなと気付けるくらいわかりやすい説明でした。
生卵のCT画像もおもしろかったです!

松田先生 お忙しい中、ありがとうございました。
ブログ見てるよーって言って頂き、うれしかったです!



次は10月に市立甲府病院にて呼吸器感染症勉強会があります。

研修医に負けないくらい研修担当も頑張ります!( ̄^ ̄)ゞ


関連記事 がんばれ研修医!!:外部研修その3 県立中央病院放射線科
関連記事 がんばれ研修医!!:放射線治療科での1か月

2019年9月6日金曜日

いざ、立川へ!!初めてのやまたまカンファ@立川相互病院

みなさん、こんにちは。
KKと申します。初めての投稿になります。よろしくお願いします!!

8月27日、半年に1回行われている立川相互病院との定期カンファレンスに行ってきましたのでご報告させていただきます。

平日16:30に甲府駅出発だったので、
みんなそれまでに業務を終わらせ、
終わらなかった場合は、残った先生に残った仕事を残し(笑)、
行ってきました立川相互病院!
素晴らしく綺麗な病院!立川駅からも徒歩圏内で立地抜群!
ちなみに甲府共立病院も負けじと山梨の玄関口である甲府駅から450m、徒歩6分!!
飲み屋が近くにあるのは魅力的ですよね〜(ちなみに私は下戸ですがorz)
ちなみにちなみに、我ら1年目の同期は男5人なのですが、酒の強い順に並べると
H山 > T本 >> Y中 ・Hし> KKですかね。
もし呑みたくなったら上から順に声をかけてください(笑)

さて話を本題に戻しますと、
立川まで何をしてきたかと言いますと、
立川相互病院の研修医1年目の先生がこれまでに担当した患者さんの中で
診断に難渋した症例を発表してくださいました。
患者さんがどういった症状、理由で来院し、どんな検査をしどんな結果だったのかを順にスライドで発表し、それに対して僕らは他にどんな情報を知りたいのか、追加検査は何が必要か、しまいには診断(病名)は何かを討論しました。

詳しい内容は割愛しますが、診断名(病気)は稀な疾患でそれを推測するのはとても難しかったのですが、僕らのグループでは当院の3年目G先生が見事に言い当てました!さすがです!学生時代の医師国家試験の勉強内容とは違って、実際の臨床の現場では、教科書通りに行かないことも多く難しいですね。毎日毎日が勉強です。

さて!!!この話題に関してはもうネタ切れです(笑)
読者の皆様になるべく楽しんでいただこうと面白おかしく書こうとしたのですが、
どうやら僕は夏目漱石ではなさそうです。
ちなみについ最近久々に小説を読んだのですが「危険なビーナス(著)東野圭吾」、
Amazonレビューで5点満点の3.7点。僕にとっても3.7点でした。
レビュー通り!恐るべし、Amazonレビュー(笑)どなたかオススメのミステリー小説があったら教えてください。

次ブログを書くときはもう少し研修医の姿がイメージしやすい内容にしたいと思います!!次回はお楽しみにしていてください!!
ここまで読んでくださりありがとうございました!!
KK


2019年9月2日月曜日

夏の終わり


みなさんは何か夏らしいことはしましたか?
ちなみに僕はスイカ割りをしたんですが、アパートの備え付けの浴室の物干し竿でスイカを割ったら物干し竿が曲がっていました☺  お久しぶりです。林です。
季節は夏が終わろうとしている中、僕は小児科研修が先日終わりを迎えました。

研修を始めた頃は外来や健診、予防接種すべてに緊張していましたが、最後辺りはだいぶ一人でこなせるようになりました。

リハビリ外来にいらした親御さんから応援していただいたり、研修医なのに外来にリピーターができたりと面白いことがたくさんありました!

それもこれも指導医の先生や周りのスタッフのサポートがあったからこそここまで伸び伸びと研修することができました。2か月間ありがとうございました!

小児科研修の2か月は「小学生の夏休み」のようでした。
毎日いろんな人とお話したり、子供と戯れたりするのが楽しくて、まだ後1か月も研修できる!と思っていたら研修が終わっていました。
小児科研修中の宿題に外来のパンフレット作りがありましたが...

さっそれはさておき9月から産婦人科で2か月間研修が始まるので頑張っていこうと思います!!





2019年8月26日月曜日

原爆禁止2019年世界大会

こんにちは
このブログでは初めましてですね、研修医の山中です。
ただいま外科・麻酔科で研修中です。
ルート確保や気管挿管は先輩医師や看護師さんに教えていただきながら頑張ってます。

8月に行われた「原水爆禁止2019年世界大会」に参加させていただいたので報告します!
今年の開催は長崎市で、8月7~9日の3日間でした。
山梨県からの参加者は計32名。甲府共立病院の研修医は私と谷本先生の二人で参加してきました。

羽田空港までバスで移動。朝6時半出発で遅刻しそうになりました(笑)
飛行機で長崎空港まで行ったら、そこからまたバス移動。
長崎市ってけっこう空港から遠いんですね…

とりあえずホテルに大きい荷物をおいて、会場の体育館へ路面電車で移動します。
別に某Dr.Kみたいな鉄道オタクではありませんが、レトロな雰囲気でちょっと楽しかったです。
初日の内容は、開会総会とその後の青年交流集会の二つでした。
開会総会は主催者と被爆者の方の挨拶に始まり、長崎市の田上市長や多くの海外の団体や政府の代表挨拶、他多くの方のこの大会に向けた熱いメッセージが続きました。
なぜ核兵器をなくさなければならないか、その思いを参加者で再確認し、共有する場であったと思います。
ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が中心となり核兵器禁止条約が2017年に122カ国の賛成多数で採択され、現在署名は70カ国、批准は25カ国となっています。50カ国の批准で条約は発効となり、核兵器は国際的に保持すること自体が禁止となるそうです。現在の国際情勢をみると、大国の軍備増強が再び活発化しているなど、核兵器廃絶に向けての道は難しいところに来ているのも確かです。しかし、被爆者をはじめとする多くの方の核兵器廃絶の思いが実る瞬間が確実に近づいている、そんな手応えを感じる開会総会でした。

山梨から参加した新婦人山梨の榊原さんからの発言も有り、会場を大いに沸かせていました。「原爆の絵」展の開催などを通じ、ヒバクシャ国際署名を集められたとのことです。


その後、青年交流集会で被爆者の方と札幌で核兵器廃絶にむけた取り組みを行っている若者との対談を聞いた後、解散となりました。

閉店時間ぎりぎりで飛び込んだお店で長崎ちゃんぽんと皿うどんを食べてホテルに戻りました。暑い一日の終わりに金色の命の水を一杯、とてもおいしくいただきました(笑)

二日目は分科会で、市内のあちこちにわかれての行動でした。
私は被爆体験の継承を考える分科会に参加し、その一環として市内のお寺で住職の方にお話をうかがいました。そのお寺では、被爆直後に亡くなり野ざらしとなっていた遺骨を拾い集めて収骨堂に納め、毎月9日に欠かさず法要を行ってきたそうです。亡くなった方への慰霊というよりは、人間の愚かさを一人一人に問いかけるためにこうした活動をしているというお話が印象的でした。写真は収骨堂で、1~2万人の遺骨が納められているとのことでした。

お話しいただいた住職の方は終戦直後の生まれの方であり、直接の被爆体験をされているわけではありません。しかし、祖母や母親など多くの体験者の話を詳しく聞き理解しようとしているなかで、その経験を他の人に伝えることが出来るようになったとおっしゃっていました。これからの継承活動のヒントになる言葉だと思います。

3日目は8月9日、74年前長崎に原爆が投下された日です。
早朝に平和記念公園で各職場から託された千羽鶴を供え、手をあわせてきました。
その後は閉会総会です。
11時2分の原爆投下時刻には会場全体で黙祷が捧げられました。
被爆者の方の胸に迫る証言を聞き、核兵器はある日突然に市民の生活を奪い、被爆後も一生に渡って想像を絶する悪影響を及ぼし続けるということを実感しました。
開会総会に引き続き、閉会総会でも多くの海外からの参加者が発言されていました。来年はニューヨークでこの世界大会を開催する計画が進行中だそうです。核兵器廃絶に向けた国際的な活動の活発化を肌で感じました。

いろんな話を聞き、参加者と話をする中で一番強く思ったことは、なぜ他の生物兵器・化学兵器などの大量破壊兵器、クラスター弾、対人地雷などと同様に、無差別生・非人道性を重く見て核兵器を禁止にこれまで出来なかったのか、ということです。大国の外交上の重要な要素としてとらえられてきた経緯もあり、なかなか一筋縄ではいかない話とは思います。しかし、議論を重ねていけば核兵器の廃絶は達成可能な目標でもあると思いを新たにしました。

多くの方とともに平和について考える時間を共有できたことは、本当に貴重な楽しい経験でした。一緒に参加した方、送り出してくれた方に感謝します。


福砂屋と文明堂のカステラをお土産に買ってきて食べ比べしようと思っていたのですが、他人に配るのに夢中になって自分の分を取り忘れてしまったのが残念です。
結局どちらがおいしいのでしょうか?

関連記事 がんばれ研修医!!:原水禁2018年世界大会@広島
関連記事 がんばれ研修医!!:折り鶴を長崎へ

2019年8月15日木曜日

尾白川アクティビティ研修

こんにちは!消化器内科研修中のやじまです。
今日は、8月4日に行われた外科アクティビティ研修についてお伝えします。


外科アクティビティ研修とは・・・
トレイルランや登山を趣味にもち、日々のランニングを欠かさないアクティブ外科医
内藤先生企画・運営の自然に触れあい体を動かす研修です。
これは完全自由参加、別に外科研修してなくてもOKです。
内藤先生おすすめの尾白川に一度は行ってみたかったんです・・・!


尾白川は、北杜市白州町にある渓谷で、日本名水百選に選ばれた清流です。
皆さんご存じ、サントリー南アルプス天然水のふるさと!









 ここが入り口。
内藤先生、古田先生、一年目研修医の山中先生、看護師の坂井さんと一緒です。


つり橋を渡って



ここはオロナミンCのロケ地だそうです。



内藤先生を激写。
アクティビティの際にはこのサングラスを必ず装着されています。
後ろに見えるのは川遊びをする方々。

ずんずん進みます。



こんな素敵な滝があるのです!!
見てくださいこの透明度!!
「マイナスイオンたっぷり~!」と喜んでいたら
古田先生から「非科学的なこと言ってるんじゃない」とお叱りをうけました(笑)
でも、本当にマイナスイオンたっぷりだったと思いますよ!!
見えそうなほどでした!



渓谷を登っていくと、だんだん他の人に出会わなくなります。
滑落注意の看板にドキドキしました・・・



今回、行ける限界の神蛇滝!
この先は崩落しているため行くことができませんでした。


普段は日中院内で過ごし、日が暮れたら帰る生活を送っていたため、
朝日しか浴びない毎日でした(笑)
久しぶりの運動、久しぶりの太陽、久しぶりの川遊びで心も体も潤いました!


このアクティビティ研修、不定期に開催されます。
内藤先生おすすめの山がいくつかあるようなのでぜひ別のところにも行ってみたいです。


ちなみに、翌日股関節周囲と左右の側胸部が筋肉痛になりました。
翌日にきてよかったです。



以上、アクティビティ研修について、やじまからの報告でした!